情報機器事業

情報機器工場 情報セキュリティ基本方針

目的

この取り組みは、東洋電機製造株式会社 情報機器事業部 情報機器工場で保有する顧客及び当工場の情報資産を犯罪、過失、災害などの脅威から保護し、有効に利用することを目的としています。

基本方針

  1. 情報資産に対する紛失、破壊、除去、改ざん、漏洩、不正アクセスなど様々な危険、脅威から顧客及び当社情報機器工場の保有する情報資産を保護するために、管理策を定め実施します。
    管理すべき情報資産を特定し、それらの機密性、完全性、可用性を維持するための管理策を定め実施します。
  2. 上記管理策を当社情報機器工場の全従業員に周知徹底するための教育、訓練をするとともに、当社情報機器工場の保有する情報資産を扱う協力会社及び個人に対しても協力を要請します。
  3. 情報セキュリティに関する「法令」、「規制」、「契約上のセキュリティ要求事項」、「顧客の要求事項」を順守します。
  4. 情報機器工場情報セキュリティ責任者を選任し、その責任、権限の下で情報セキュリティ管理の実施及び運用を行ないます。
  5. 情報セキュリティの管理策は定期監査を実施し、継続的な改善を行ないます。

以上


2015年4月1日
東洋電機製造株式会社 横浜製作所


製作所長  後藤 研一


PAGE TOP