ESG/CSRへの取り組み

働きやすい職場環境づくり

当社は、両立支援に加え、一人ひとりがいきいきと働くことができる職場環境づくりを推進してまいります。

「くるみんマーク」を取得

くるみんマーク

2014年6月、当社は、育児関連制度の充実、両立支援に関する啓発活動、育児休職が取りやすい環境づくりや男性従業員の育児休業取得実績などが評価され、「子育てサポート企業」として東京都労働局より認定を受け、「次世代育成支援認定マーク(愛称:くるみん)」を取得しました。

データはこちら

出産・育児関連の取り組み概要

産前休暇 出産予定日の8週間前(多胎妊娠の場合は出産予定日の14週間前)から取得可能。(法令では6週間前から)
産後休暇 出産日の8週間後まで取得可能。
育児休業 産後8週間を経過した日の翌日(産後休暇終了後)から原則として子が満1歳になる前日までの必要な期間取得可能。保育所への入所が困難な場合などには子が1歳6ヶ月または1歳到達後の3月末日までの長い方に育児休暇期間の延長申請が可能。
育児休業の再度取得
(パパ・ママ育休プラス)
配偶者の出産後8週間以内の期間に本人が育児休業を取得した場合には、子が1歳に達するまでの期間、再度育児休業の取得可能。また本人と配偶者がともに育児休業を取得する場合、子が満1歳2ヶ月に達するまで育児休業期間を延長可能。
育児短時間勤務 育児休業終了後、子が小学校卒業までの必要な期間、1日の労働時間を5時間45分、もしくは6時間45分にすることが可能。
看護休暇 小学校入学前の子の看護をする場合、看護家族1名につき5日以内の特別休暇を取得可能。

介護関連の取り組み概要

介護休業 要介護者1名に対し、通算3年以内まで取得可能。
介護勤務 介護休業をしない従業員が、1日の労働時間を5時間45分、もしくは6時間45分にすることが可能。

その他の取り組み概要

退職者再雇用制度 結婚・不妊治療・出産・ 育児・介護・配偶者の転勤等により退職した従業員について、本人の希望と職場のニーズが合致した場合、就業可能となった段階で再雇用。

PAGE TOP