情報機器事業

無線電流センサ μTURTLE-I


取付イメージ

  • バッテリーレス
    計測や無線通信に必要なエネルギーはCTから内部のキャパシタに蓄積します。
    定格10%以上の電流が流れている個所では電源不要です。
    (※電流が定格の10%未満か、電流の変動が大きい場合は、ACアダプタの使用を推奨します。)
  • 単体で測定と無線通信が可能
    無線機と計測器がセットになっており、別々に用意する必要はありません。
    CTは取り付けるケーブルに合わせて選択可能です。
    (※CTと本体が分離した形態でも提供可能です。)
  • 取り付けが簡単
    計測したいケーブルにCTを取り付けるだけで計測可能になります。
    CTと本体が分離したモデルもあり、狭い場所でも設置可能です。

各部名称・寸法

※CTの大きさは3種類あります。これはφ16mmの例です。

一般仕様

項 目 仕 様 備 考
計測要素 ※1 電流 単相
定格電流 50~500A 下表参照
周波数 50/60MHz
サンプリング間隔 50μs
精度 ±1.0% F.S. 商用周波数の正弦波入力時
有効入力範囲 10%〜100% F.S. 商用周波数の正弦波入力時
電源 自己電源 定格電流の10%以上
通信方式 315MHz帯特定小電力無線
LED表示 動作可能時点灯
使用温度範囲 -10~50℃
使用湿度範囲 80% RH 結露なきこと
オプション ACアダプタ 自己電源で動作不可の時に使用
クレストファクタ(波高率) 2.2 定格入力時

※1:測定値は真の実効値となります。

CT内径[mm] 定格電流[A] 寸法[mm] 重量[g]
50 100 300 500
16 68(D)×97(W)×42(H) 140
24 68(D)×114(W)×42(H) 270
36 68(D)×132(W)×42(H) 350

PAGE TOP