資材調達

調達に関する基本方針

顧客からの注文品を製造するために必要な購入品および外注品の調達(以下、「調達取引」)に関する東洋電機グループの役員および従業員が遵守する基準を示します。

調達に関わる基本方針

  1. 法令・社会規範を遵守する。
  2. 品質第一に徹する。
  3. 調達取引先・調達品の選定に際しては、環境負荷の低減に配慮する。
  4. 調達取引先とは、相互理解と信頼関係の構築を重視する。
  5. 調達取引先に対して、公平・公正な取引の機会を提供する。

調達取引先の選定方針

  1. 法令・社会規範を遵守しており、反社会的勢力との繋がりを有しないこと。
  2. 人権・環境への配慮が十分であること。
  3. 品質に関する諸条件を充足していること。
  4. 資材・役務の価格・納期が適正であること。
  5. 東洋電機グループに貢献できる技術力を保有していること。
  6. 経営状態が健全であること。
  7. 情報セキュリティー体制が十分であること。

調達に関する行動指針

顧客からの注文品を製造するために必要な購入品および外注品の調達(以下、「調達取引」)に関する東洋電機グループの役員および従業員が遵守するべき行動の基準を示します。

  1. 調達取引は、関連する国々の法律を遵守して実施する。
  2. 調達取引先の情報は、契約に基づき、調達活動を行う上で必要なもののみを入手する。また、調達取引を通して知り得た情報は厳格に管理し、機密の保持に努める。
  3. 調達取引先と金銭貸借などの個人的な利害関係を持ってはならない。
  4. 調達取引先から社会通念を超えた接待を受けたり、個人的な利益となる金銭および不適切な贈物等を受領したりしてはならない。また、調達取引先に対して、これらを強要してはならない。

2016年2月1日制定


PAGE TOP