技術開発情報

東洋電機技報 第128号

※ 技術論文、開発レポート、製品解説については東洋電機技報本文からの抜粋です。

技術論文

防災スマートグリッドおよびメーターに関する研究
Research on disaster-proof SMART grid and meter

刑部 真弘、高柳 文徳
Masahiro Osakabe, Fuminori Takayanagi

Variety researches and developments have been performed in order to decrease the emission of carbon dioxides as known of major cause on global warming. The SMART study group has proposed a concept of the solution for the low carbon dioxides emission and the disaster-proof community cooperating with industries, academics and municipal offices. This concept is based on the distributed energy network as known as SMART grid technology proposed in 2004. The system consists of the micro-grid system with distributed energy and IT network securing the power supply apart from the power utility in case of emergency and disasters. The proposed SMART system has major three functions. The first is to provide the ability to use the renewable energy generated in the local community. The renewable energy is most expected one but the output is too fluctuating to use usually. The second is to provide the tools to cooperate with citizens. The advanced demand-side control can contribute to save the energy. The third is to prepare for the disaster as mentioned above.
The cooperation with citizens is most important concept in the SMART system. The energy saving experiments by using the smart meters were conducted in the university, amusement park and small villages. The special display system of the electric power consumption with multiple houses and peoples was developed for the energy saving. This system could display the average power usage during 1 - 10 minutes on the web to promote the energy saving actions of each consumer. From the energy saving experiment in several fields, it was found that the display on web was significantly effective to suppress the consumption of electric power without the compulsory cut off.

<概要>
防災スマートグリッドは、これまでのような電力をユーザー側に一方的に供給するシステムではなく、情報通信技術(ICT)によりユーザー側と電力・情報のやりとりをする。2004年に我々が提案したシステムは、三つの重要な機能を有している。一つは、地域生産された再生可能エネルギーを、容易に地域で使用できる環境を整える。再生可能エネルギーは最も期待されるエネルギーであるが、出力変動が大きく、使用するのに工夫がいる。二つ目は、市民力を生かせる道具を提供する。従来よりも進化したユーザー側の需要制御が省エネルギー(以下、省エネと記す)をさらに促進する。これまでのように個人や一つの家庭だけでなく、400軒程度の顔の分かる規模のコミュニティ全体の電力見える化をし、これによる電力調整行動に注目している。三つ目は、緊急時や災害時に電力システムから独立して、船を含む分散電源から電力供給を行う。従来の電力システムは、市民に電力を供給する単なる技術システムであったが、防災スマートグリッドは市民の協力を得て電力のやりくりを行う社会システムとして位置付けている。
2000年に発表された電力中央研究所の研究によると、図1左に示したように1軒の家庭電力需要は機器のオン・オフに応じて極めてランダムかつ変動が激しいものである。ただし、この例では12時から数時間にかけて電力消費が低く、家人が不在であったのがよく分かる。これに対して、例えば400軒程度の平均をとると、その変動が打ち消され、図1右に示すように滑らかな需要曲線となる。1軒の最大需要電力(所要電源容量)は4kWであるのに対して、400軒の平均では1.5kWに減少することも示されている。1軒の電力重要はスパイク状に変動し、それをみて省エネ行動をするのは難しい。ところが、400軒程度の全体電力であれば滑らかな曲線であり、数分間隔で「見える化」することにより比較的容易に省エネ行動を起こしやすいと考えられる。また、平均化することによって、留守宅である等の個別情報も消去できる。
本稿ではスマート構想について概説するとともに、ユーザーを電力システムに参加させるための最も大事な道具であるスマートメーターおよび省エネ実験について紹介したい。

製品解説

広島電鉄株式会社1000形電車向け列車情報システム
Total Train Control System for Hiroshima Electric Railway Co., Ltd. 1000 series LRV

佐々木 敏夫、多田 征史、鶴岡 勇、大谷 康隆
Toshio Sasaki, Masafumi Tada, Isamu Tsuruoka, Yasutaka Ohtani

The major revision work of the international standard for Train communication network IEC 61375 is going on steadily. Especially the standard of ECN which is based on the Ethernet technology is likely to be published officially in this year.
We developed a new train information system based on ECN standard and we had a chance to apply it to the 1000 series LRV of Hiroshima Electric Railway.
Since ECN standard only covers lower four layers of OSI model, we needed to specify the remaining layers in order to develop a practical system. We applied PROFINET which is popularly used in the factory automation field to implement the system. Also we supported UDP/TCP to comply with the requirements of ECN standard.
Moreover, we applied a redundant configuration of control information transmission system, redundant input-output circuits of RIO units, ring-topology of the network and MRP (Media Redundant Protocol) in order to improve the availability of the system.

<概要>
鉄道車両用通信ネットワークの国際規格IEC 61375の大規模な改訂作業が進み、固定編成を対象とする鉄道車両用イーサネット規格 IEC 61375 Part 3-4 ECN(Ethernet Consist Network)が本年中に正式発行される見込みである。
ECNは、IEC 61375において固定編成向けの車両バス(Vehicle Bus)の範疇に属する。従来車両バスとしてMVB(Multifunction Vehicle Bus)が、列車バスとしてWTB(Wire Train Bus)が規定されていたが、いずれも規格制定当時の技術水準に留まったものであり、拡張性・将来性という点では陳腐化したものと言わざるを得なかった。この状況に鑑み、日本の鉄道関係者が主体となり、同IEC規格の大幅改訂を起案するとともに、固定編成用ネットワークとしてイーサネットを基本とするECN規格案を策定し、数年間の審議期間を経て規格制定に至った。
このたび、このECN規格に準拠する鉄道車両用イーサネットを適用した新しい列車情報システムを開発し、広島電鉄株式会社の1000形電車(以下 広島電鉄1000形と記す)に採用いただく機会を得た。
本稿では広島電鉄1000形電車に採用された列車情報システムTTCS(Total Train Control System)の概要を紹介するとともに、その特長である冗長系の構成について述べる。

制御分離型インバータ
Controlled separation type inverter

北条 善久、髙橋 一樹、長谷見 達也
Yoshihisa Hojo, Kazuki Takahashi, Tatsuya Hasemi

Our motor drive unit is applied for various manufacturing line apparatuses such as papermaking machine, film manufacturing machine, and steel and metal processing equipment and these manufacturing lines are composed of dozens of motor drive units. Our recently developed controlled separation type inverter aims at simplification of manufacturing line's control system. First, we separate off input of speed and location sensor and various interfaces from inverter. Secondly we centralize them in control board (control part). Finally we minimize input-output line to inverter board (power part). Those are our concepts of controlled separation type inverter. These concepts are achieved by separating control part and power part by voltage command and current feedback and connecting between control part and power part by high-speed communication. "HDLC" system which is free of the influence of delaying due to transmission distance is applied for high-speed communication.
This developed product enhances standardization of inverter board which houses power part and improvement of design freedom. As a result reductions in design and sourcing or transportation cost can be promising. In addition, new effect for power part will be expected by combining inverter by overseas procurement and large capacity and high voltage inverter which is not in our lineup.

<概要>
当社のモータドライブ装置は、製紙機械、フィルム製造機械、鉄鋼・金属加工装置など、さまざまな製造ライン装置に適用されており、これらの製造ラインは数十台のモータドライブ装置で構成されて、協調制御が行われている。近年のモータドライブ装置は、三相交流モータ(誘導モータやEDモータ(埋込永久磁石形同期モータ))を三相インバータにより速度制御やトルク制御を行っている。当社の最新の三相インバータであるVF66Bにおいては、速度・位置センサの入力、アナログ速度指令・トルク指令入力、デジタル速度指令・トルク指令入力、運転・停止指令入力、非常停止、その他にさまざまな機能端子入力や機能端子出力などのインターフェースを備えている。しかしながらこれらのインターフェースを用いて製造ラインの制御システムを構築した場合、それぞれのインバータには複数の入出力線が接続されることになり、制御システムが複雑化を招いている。またおのおののインバータに対して接続を示す図面を用意する必要がある。
この問題に対して制御システムの単純化を目指し、速度・位置センサの入力やさまざまなインターフェースをインバータから切り離し、制御盤に集中させ、インバータへの入出力線を最小限にすることをコンセプトとした制御分離型インバータを開発したので今回報告する。

※ 第1号~第104号は目次のみの掲載です。


PAGE TOP