技術開発情報

東洋電機技報 第126号

※ 技術論文、開発レポート、製品解説については東洋電機技報本文からの抜粋です。

技術論文

単相アクティブパワーラインコンディショナの制御法
Control Strategies of Active Power Line Conditioners in Single-Phase Circuits

田中 俊彦、高橋 圭介、穐吉 啓史
Toshihiko Tanaka, Keisuke Takahashi, Hirofumi Akiyoshi

This paper deals with two control strategies for the active power line conditioners in single-phase circuits. The first one is a constant dc capacitor voltage control based strategy, which is commonly used in the active power line conditioners. Any detection blocks of the fundamental active, reactive, and harmonic components are not necessary in this method. Thus we offer the simplest way to compensate the fundamental reactive and harmonic currents on the source-side. The other is a reactive power control based strategy, which is with the correlation and cross-correlation coefficients between the feeder voltage and load current. Controlling the detected fundamental reactive component with the cross-correlation coefficient on the source-side reduces the capacity of the PWM inverter, which performs the active power line conditioners. The basic principles of the proposed control strategies are discussed in detail, and then applied to the single-phase active power line conditioners in single-phase based distribution systems. These singlephase distribution systems are used in the single-phase three-wire systems and electrified railways. The validity and excellent practicability of the proposed control strategies are confirmed by experimental results.

<概要>
1983年に赤木氏等により、三相回路における瞬時無効電力理論が発表された。この三相回路の瞬時有効無効電力理論は、pq理論とよばれ、アクティブパワーラインコンディショナやSTACOMの実用化に大きく貢献している。このpq理論の優れた実用性が多くの研究者等によって明らかにされている。一方、単相回路における瞬時有効無効電力については、著者等が知る限り報告例が少ないのが現状である。齋藤氏等はHilbert変換を用いて単相回路における瞬時無効電流を明快に定義している。しかしながら、実験装置を構成する際にHilbert変換を数値微分によって実現しているため制御回路内で不安定動作が生じる可能性がある。J. Xi氏等は単相pq理論を提案し、その有用性を検証している。検出した電圧および電流をそれぞれ90°位相を遅らせて検出した電圧・電流の直交成分を検出し、これらから赤木氏等が発表したα -β座標上におけるpおよびqを演算している。しかしながら、90°位相シフトブロックが2台必要で、さらに、pq理論と同様の演算を実現するため、数多くの乗算や除算の演算が必要となる。したがって、明快で、かつ、実用性の高い単相回路における有効・無効電流検出法および単相回路におけるパワーラインコンディショナの制御法が求められている。
本論文では、単相回路におけるアクティブパワーラインコンディショナの代表的な2つの制御について述べる。はじめに、アクティブパワーラインコンディショナやSTATCOMなどで不可欠な直流キャパシタ電圧一定制御を用いた制御法について述べる。これは、負荷側の有効・無効電流および高調波電流を検出することなく電源側で力率が1の正弦波電流を得ることができる。したがって、これまで提案されている制御法と比較し、最も簡易な制御法である。次に、電源電圧と負荷電流の相関と相互相関に着目した単相回路における基本波有効・無効電流検出法とその応用について述べる。特に、単相回路における基本波無効電流を検出することで、電源側の基本波無効電流を制御可能である。これにより、パワーラインコンディショナを構成するPWM変換器容量を低減できる。
さらに、これら2つのパワーラインコンディショナの制御法を単相三線式配電用電流バランサと電気鉄道用パワーライコンディショナへ応用した例を紹介する。研究室レベルの縮小モデルを構成し、実験により上記の制御法の有効性を確認した。

製品解説

ダイレクトドライブシステム
Direct drive system

北条 善久、赤池 勝利、高橋 一樹、安齋 英二
Yoshihisa Hojo, Katsutoshi Akaike, Kazuki Takahashi, Eiji Anzai

ED Motor (Interior Permanent Magnet Synchronous Motor) which has the characteristics of compact size and high-efficiency applies to various areas of industrial drive and gets a favorable reception. In order to obtain low speed and large torque by industrial drive, though deceleration is usually performed by gear unit, for the first time, we market direct drive system in combination with direct drive motor (DDM) which attains low speed and large torque without gear unit by multipolarity of pole number of motor as well as servo driver VF66SV which controls DDM with a high degree of accuracy. Direct drive system of 11kW, 20r/min, and 5252Nm we introduce in this article achieved the deviation of 0.001% / rated speed for speed command at rated speed of 20r/min to 0.002r/min.
We envisage direct drive system's applications as casting roll in film manufacturing line, servo press, and evaluation equipment for durability of torsion such as shaft. Because the specifications required for DDM are different for every application, we take care of DDM by satisfying our customers' needs.

<概要>
 当社の小型・高効率の特長をもつEDモータ(埋込永久磁石型同期電動機)は、2000年に発売を開始して以来、産業用ドライブのさまざまな分野に幅広く適用され好評を得ている。
またEV・HEV開発用の試験装置などの特殊な用途向けとしては最高回転数16000r/minの高速モータも製品化している。
一方、低速用途としてモータ極数の多極化を図り、64極、33kW、80r/minの永久磁石型同期発電機を開発して風力発電機に適用した例もある。
このたび、モータ極数の多極化による低速・大トルクを特長とするダイレクトドライブモータ(以下DDM)およびこのDDMを高精度に制御するサーボドライバVF66SVを組み合わせたダイレクトドライブシステムを製品化したので報告する。

車内補充券発行機(DTC700)
Ticket Issuing Handy Terminal (DTC700)

安部 充、長谷川 洋
Mitsuru Abe, Yoh Hasegawa

Adding new function to the previous Model DTC500, Toyo Denki Seizo have developed new Model, called ‘DTC700’which has improved usage. In principle, Ticket Issuing Handy Terminal is the machine that is used by conductor to issue a ticket in the train. Recently, the machine are used for relieving conductor's job as a result of providing communication function to the machine. We will introduce the features of latest Mode DTC700 as follows.

<概要>
 車内補充券発行機とは、列車内で係員が補充券を発行するための機器であるが、近年、補充券の発行だけではなく通信機能等を備え、係員の業務支援として用いられることも多くなった。当社は、従来機であるDTC500から機能追加、ユーザビリティの向上を図った新しい車内補充券発行機(DTC700)を開発した。ここでは、車内補充券発行機(DTC700)の特長について紹介する。

※ 第1号~第104号は目次のみの掲載です。


PAGE TOP