技術開発情報

東洋電機技報 第122号

※ 技術論文、開発レポート、製品解説については東洋電機技報本文からの抜粋です。

技術論文

三相自己始動形永久磁石同期電動機の特性算定に関する一考察
A study of Characteristic Calculation for Three-phase Line-start Permanent Magnet Synchronous Motor

坪井 和男、廣塚 功、中村 雅憲、竹上 恒雄、長谷川 将広
Kazuo Tsuboi, Isao Hirotsuka, Masanori Nakamura, Tsuneo Takegami, Masahiro Hasegawa

A three-phase line-start permanent magnet synchronous motor (LSPMM) is started up as an induction motor during asynchronous period and is run as synchronous motor at steady state condition. So we expect very high efficiency driving for wide range load conditions.
We have already proposed the simple and practical analysis method that could apply to the asynchronous starting and synchronous operating of three-phase LSPMM. And we have already reported the method of constants determination, the calculating methods and results of asynchronous characteristics, and the calculating methods and results of synchronous characteristics based on proposed method, in I.E.E. of Japan.
The aim of this paper is to clarify a summary of the proposed general analytical method, determination method of constants, and characteristics calculating methods. Furthermore we examine the influence that the intrinsic coercive force of permanent magnet gives to characteristics and show this paper is very simple and very helpful to study the characteristics of LSPMM.

<概要>
三相自己始動形永久磁石同期電動機(以下、三相LSPMMと略記)は誘導電動機として始動し、永久磁石同期電動機として運転するもので、超高効率運転が期待できる。
三相LSPMMは固定子に対称三相電機子巻線、突極性を持った回転子に励磁用永久磁石と誘導機のかご形巻線と同様な始動巻線(制動巻線)を有するが、更なる諸特性の改善に向けて、簡明な特性算定法の確立が望まれている。そこで、筆者らは、既に三相LSPMMの非同期始動時及び同期運転時を含めて適用可能で簡明な一般解析理論(1)を提案し、その一般解析理論に基づく非同期始動時の諸定数決定法と特性算定法及び算定結果(2)並びに同期運転時の特性算定法と算定結果(3)を報告した。
本論文では、提案した一般解析理論,諸定数決定法及び特性算定法についてその概要を紹介するとともに、主として永久磁石励磁が諸特性に及ぼす影響を検討し、その課題と対策の考察に提案した方法が有用であることを明らかにしている。
なお、同期運転時の解析理論及び特性算定法の詳細については、紙面の都合上、文献(4)を参照いただければ幸いである。

製品解説

成都地下鉄1号線向け列車情報システム
TMS for Chengdu metro line 1.

鶴岡 勇、多田 征史、佐々木 敏夫
Isamu Tsuruoka, Masafumi Tada, Toshio Sasaki

Chengdu metro line 1 is the first subway of Chengdu of Sichuan of People’s Republic of China and the leading-edge subway which innovated new technology such as automatic operation by ATO and remote monitoring by radio communications system.
The requirement for TMS for Chengdu metro line1 is to conform to IEC 61375 of International standard for network for railway rolling stock.
Though products compliant with TCN standard are supplied by European vendors, no unique development case by Japanese vendors is reported. With the view to the situation, we purchased the compliant product of TCN standard from European vendor and we satisfied with the requirements by customized product for Chengdu metro line 1.

<概要>
成都地下鉄1号線は、中華人民共和国四川省の省都である成都市初の地下鉄であり、ATOによる自動運転や無線通信システムによる遠隔監視など最新技術を積極的に取り入れた先進的なものである。 このたび、同地下鉄向け電機品として主回路電機品、補助電源システム、運転台機器に加え、列車情報システム(以下TMS: Train Management System)が採用される機会を得た。 本稿では成都地下鉄1号線車両用に開発されたTMSの概要を紹介するとともに、その特長である冗長系の構成について述べる。

最近の当社のドアエンジン技術について
Recent door operator technology of our company

長島 悦也
Etuya Nagashima

The door for the doorway for the passenger is closed and opened by door operator which is handled by the conductor’s switch set in the driver’s cab and the conductor’s room. This door operator is the machine which opens and closes door and is used in combination with auxiliary equipment which controls door operator.
Though the door of early railway rolling stock was opened and closed manually, at beginning of Showa era pneumatic door was mounted in electric train and operation of door was automated. Afterward door operating interlocking device which the train cannot start when the door is closed and safety equipment which the door is not opened during running were added to door operator up to present date. Currently further safety function is added to door operator and the improvement of maintenance performance is pursued.

<概要>
 乗降扉が開くと車側に取付いている車側表示灯が点灯し、車外から扉が開いていることを確認できる。また、運転台に取付いている運転士知らせ灯が消灯し、扉が開いていることを知らせるとともに、車両が力行できなくなる。
また、車両の電源がないときには、車内及び車外からドア用締切コックを扱うことにより扉を手動で開くことができる。
一方、車両走行中は基本的に手動で開けることはできない。万一、間違って車掌スイッチを扱ったとしても、5km/h以上の速度では電気的に扉開指令が出ないシステムにしている。
このように乗降扉は保安上最も重要な機器のひとつであり安全には十分な配慮を必要とする装置である。
ここでは、当社における空気式ドアエンジンの発展経過と最近の動向について実例とともに紹介する。

※ 第1号~第104号は目次のみの掲載です。


PAGE TOP