技術開発情報

東洋電機技報 第117号

※ 技術論文、開発レポート、製品解説については東洋電機技報本文からの抜粋です。

開発レポート

20インチホイール組込形高効率インホイールモータシステムの開発
Development of High Efficiency In-wheel Motor System for using 20inch Wheel Mounted Motor

岡本 吉弘、桐谷 知明、野田 幸宏
Yoshihiro Okamoto, Tomoaki Kiriya, Yukihiro Noda

This paper presents a high efficiency in-wheel motor drive system for using 20inch wheels, which system consists of in-wheel motors, water-cooled PWM inverters. The in-wheel motor is a type of direct drive without reduction gear, mounted inside wheel./p>

<概要>
筆者らはギアなどを一切使用しないダイレクトドライブ方式のインホイールモータの研究・開発を実施してきた。乗用車用としては 19~20インチホイール用の、1モータ当たり518Nm,25.5kWのものを開発し、報告した。
今回さらなる高効率化と、最大出力時での運転時間を大幅に延ばした改良型のインホイールモータを開発したので、制御インバータと共にその概要を報告する。

製品解説

財団法人鉄道総合技術研究所向けLH02形架線ハイブリッドLRV 用電機品
Electric Equipments of Type LH02 LRV with trolley and battery hybrid for Railway Technical Research Institute

村島 稔、松本 哲也
Minoru Murashima, Tetsuya Matsumoto

Railway Technical Research Institute has developed type LH02 LRV(Light Rail Vehicle) which can drive in the line area without overhead wire using the trolley and battery hybrid technology under the consignment contract with NEDO (New Energy and Industrial Technology Development Organization).
The type LH02 has a passenger compartment with the capacity of 44 persons, and a main circuit operated by DC 600V overhead wire, DC 1500V overhead wire and DC 600V battery mounted in the vehicle. The type LH02 LRV can be drove at a maximum speed of 70km/h.
TOYO DENKI SEIZO K.K. has delivered the converter unit, inverter unit, filter reactor, high-speed power circuit breaker, and traction motor for the type LH02 LRV.
This paper gives an explanation of trolley and battery hybrid type main circuit of the type LH02 vehicle, and introduces principle electric components for the main circuit.

<概要>
財団法人鉄道総合技術研究所は、独立行政法人NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)との委託契約に基づき、架線ハイブリッド技術により架線のない線区でも走行可能なLRV車両LH02形を製作した。
財団法人鉄道総合技術研究所は、旧型路面電車の車内にリチウムイオン二次電池と主回路制御装置を搭載した架線ハイブリッド方式実証用の電車を2005年2月に公開しているが、今回製作したLH02形はさらに進んで、架線ハイブリッド方式の実用化試験電車となっている。従来は客室内に設置されていた主回路装置や蓄電池はすべて客室外に取付けられ、定員44人の客室スペースが確保されている。また、軌道線と鉄道線の直通運転も考慮して主回路は直流600V架線、直流1500V架線、及び車両に搭載された直流600V蓄電池の各電源に対応し、走り装置は最高速度70km/hの運転を可能にしている。さらに、架線ハイブリッド主回路システムの運転は、すべて運転台に設けられたスイッチによる指令に基づいて行われる。
当社では、このLH02形用に主回路用電機品としてコンバータ装置、インバータ装置、高速度遮断器、フィルタリアクトル、主電動機、パンタグラフ、主回路ヒューズ箱、接地スイッチ箱、及び駆動装置を、運転台用機器として主幹制御器、速度計装置、走行検出器、及び車室モニタ装置を納入した。
本稿では、LH02形の架線ハイブリッド方式主回路の概要を解説し、主な主回路用電機品を紹介する。

VF66B 小容量機シリーズ
The Inverter Series VF66B (Small Capacity Type)

中西 俊人、北条 善久、萩原 茂教、山本 知信
Toshihito Nakanishi, Yoshihisa Hojo, Shigenori Hagiwara, Tomonobu Yamamoto

Our company has been selling VF64 series and ED64sp series inverters. These are widely used in the application fields of fan pump, printing machine, and film processing line, etc. Especially, ED64sp drives a permanent magnet synchronous motor (ED motor), and decreases the power loss greatly compared with a past induction motor. Therefore, the running cost and CO2 emission have been reduced.
We are now developing next generation inverter VF66B series. VF66B is an inverter which has both VF64 and ED64sp performances, and pursued easiness to use. VF66B series inverters are environment friendly corresponding to RoHS directions. In this report a small capacity type (2.2-7.5kW) of VF66B is introduced which is commercialized.

<概要>
当社は、従来より誘導電動機駆動用インバータVF64シリーズ、及び永久磁石同期電動機(EDモータ)駆動用インバータED64spシリーズを販売し、ファン・ポンプ用途から、印刷、フィルム加工ライン等々幅広い分野でご採用いただき、好評を得てきた。特に、ED64spは永久磁石を用いた省エネモータ(EDモータ)駆動用であり、EDモータとの組み合わせにより、従来の誘導電動機駆動と比べ、損失を大幅に低減しており、ランニングコストの削減、CO2の削減に貢献している。
しかしながら、近年では環境への配慮意識の高まりから、よりいっそう地球にやさしい製品が求められてきている。また、多機能化したことに伴い適用範囲が広がった反面、使いこなせないといった指摘もあり、使いやすさの向上が求められてきている。こうした要求に応えるため、当社では、従来のVF64シリーズ、ED64spシリーズインバータの性能を引き継ぎ、更に、環境への配慮、機能向上、使いやすさを向上させた後継シリーズとして、VF66Bシリーズの開発を進めている。
今回、VF66Bシリーズのうち、小容量機種(2.2~7.5kW)について、開発、商品化を完了したので、その概要について報告する。

※ 第1号~第104号は目次のみの掲載です。


PAGE TOP