技術開発情報

東洋電機技報 第116号

※ 技術論文、開発レポート、製品解説については東洋電機技報本文からの抜粋です。

技術論文

蓄電システムシミュレーションの開発
Development of simulation for electric storage system

丸山 真範、丸山 一樹
Masanori Maruyama, Kazuki Maruyama

In recent years, the reduction of global CO2 emission is greatly required to cope with the Kyoto protocol.
It is indispensable for CO2 emission to enhance the energy efficiency. For a higher efficiency in energy utilization, electric railroad industry has been considering to introduce of electric storage system which used lithium-ion battery as a large volume electric storage media.
In this paper a simulation work for the actual train line to test where the fluctuation of overhead voltage occurs is investigated and the effect of setting electric storage system is presented.
Therefore, using these simulation models, it can be estimated a suitable location or power storage capacity of battery and the electrical rating of DC-DC converter for a envisioned power consumption of train operation.

<概要>
近年、京都議定書の発効を契機として、全世界的にCO2排出量の削減が求められている。
CO2排出量の削減には、エネルギー効率の向上を図ることが不可欠であり、電気鉄道においても、更なる高効率化のため、大容量の電力蓄電媒体であるリチウムイオン電池を使用した蓄電システムの導入が検討されている。
しかし、この蓄電システムをき電系へ追加する場合、最も効率よくエネルギーの吸収・放出ができる地点はどこであるか、また、蓄電システムの容量はどの程度が適当であるかを決定することが難しく、設置箇所及び容量を最適化する手法はいまだ確立されていないのが現状である。
そこで本稿では、実線区における架線電圧変動を再現し、蓄電システムを設置した場合の効果を検証するためのシミュレーションを行い、蓄電システムの有効性の一例を示す。

製品解説

埼玉新都市交通株式会社向け2000系「ニューシャトル」新車用電気品
Electric Equipment of「New shuttle」Series 2000 Train for Saitama New Urban Transit Co., Ltd.

畠山 卓也、久保 厳之、山口敏弘
Takuya Hatakeyama, Yoshiyuki Kubo, Toshihiro Yamaguchi

Recently, Saitama New Urban Transit Co., Ltd. has manufactured the series 2000 train to increase the carrying capacity to cope with the increasing number of passengers. The new series train will replace the current series 1000 train which has been operating for more than 20 years.
The series 2000 train is constructed of converter, inverter, and induction motor which are made of new technologies. The series is manufactured of six cars formation, and has two units configured as three cars a single unit.
Each unit has one converter, one inverter and three motors connected in parallel to provide compactness of the equipments. Moreover, this guarantees advantageous system in unit price and maintenance.
TOYO DENKI SEIZO K.K. has delivered the main control unit (C/I), traction motor, auxiliary power unit, power collection equipment, and master controller for the series 2000 train.
This report describes in details.

<概要>
このたび埼玉新都市交通株式会社では近年増加傾向にあるご乗客に対応するための輸送力増強と、現在車歴20年を越える現1000系の後継となる新系列車として2000系を製作した。埼玉新都市交通株式会社では2000系を計画するにあたり社外の識者を交えた車両検討委員会を設置し、ニューシャトル全体につきあらゆる角度からの検討を加え、本電気品も委員会の検討結果に基づき最新の車両技術を取り入れ、主制御器としてはコンバータ/インバータ方式が採用された。
その結果、ご乗客に優しく(バリアフリー、車幅を拡大、良好な乗り心地)、保守をする方に優しく(主電動機のブラシレス化)、また変電所に優しい(コンバータによる電源波形の低歪み化、高力率運転)車両となった。
また2000系は最初から6両固定編成で製作されるため3両を1ユニットとし、それが2ユニットで編成される。1ユニット当たりは1コンバータ・1インバータ・3個モータ並列接続として機器の集約を図りコスト面、保守面で有利なシステムとなっている。
図1に2000系ニューシャトルの外観を示す。

北京地下鉄10号線用 列車情報システム
Train Information System for Beijing Metro Line 10

海老原 万里
Masato Ebihara

In recent years, the train information system equipped with sophisticated running control has been introducing increasingly in both Japanese and international rail vehicle market intended to reduce car body wiring and to improve ease of maintenance. In Japan, the train information system using universal networks such as ARCNET, Ethernet, and LonWorks are developed. In Europe and other parts of the world, the networks conforming IEC61375 dedicated for rail vehicle application are mainly used. In this time, our newly developed train information system was adopted in Beijing Metro Line 10 train. In this system, PROFIBUS is used for control transmission system and monitor transmission system.

<概要>
近年国内外の鉄道車両において編成内通信ネットワークを構築し、ぎ装線の削減を図るとともに走行制御の高度化、保守性の向上を図った列車情報制御システムの導入が活発化している。これまでに国内で実用化されたものでは、ARCNETやEthernet、LonWorksと呼ばれる汎用のネットワークを用いたものが採用されている。またヨーロッパを始めとした国外では、IEC61375に準拠した鉄道車両専用のネットワークが主に用いられている。
ところで、当社では上記のようなトレンドに呼応すべく制御伝送系としてPROFIBUSを用い、モニタ伝送系としてLonWorksを用いた列車情報システムを開発しており、広島電鉄株式会社5100形電車に採用された実績を有している。
このたび、北京地下鉄10号線車両用として新たな列車情報システムが採用される機会を得た。
図1 車両外観
Fig.1 Appearance of vehicle
この列車情報システムは、制御伝送系及びモニタ伝送系のいずれにおいてもPROFIBUSを採用したことを特長のひとつにしている。
本稿では、本システムの構成と機能概要について述べる。

※ 第1号~第104号は目次のみの掲載です。


PAGE TOP