技術開発情報

東洋電機技報 第113号

※ 技術論文、開発レポート、製品解説については東洋電機技報本文からの抜粋です。

技術論文

22.5インチホイール組込形大形バス用 インホイールモータシステムの開発
Development of In-wheel Motor System for Large-size Bus using 22.5inch Wheel Mounted Motor

今柳田 明夫、桐谷 知明、有村 教世、中村 雅憲
Akio Imayanagita, Tomoaki Kiriya, Michiyo Arimura, Masanori Nakamura

This paper presents an in-wheel motor drive system for large-size bus using 22.5inch wheels, which system consists of in-wheel motors, water-cooled PWM inverters and water-cooled chopper. The in-wheel motor is a type of direct drive without reduction gear, mounted inside wheel. The bus is a special experimental model provided with 4-wheel drive and 4-wheel steering.
From test results, it is confirmed that the acceleration of experimental bus is a sufficient value and our system is useful for a pure EV buses.

<概要>
筆者らはギアなどを一切使用しないダイレクトドライブ方式のインホイールモータとその専用インバータ装置の研究・開発を実施してきた。乗用車用としては19~20インチホイール用の、1モータ当たり518Nm、25.5kWのものを開発し、報告した(1)。
今般、バス・トラック用として22.5インチサイズのホイール装着用の、1輪当たり2000Nm、75kW の駆動システムを開発したので、その概要を報告する。

製品解説

BLM駆動用インバータBL64シリーズ
BL64 Series of the Inverter for a BLM Drive

萩原 茂教、大森 洋一
Shigenori Hagiwara, Yoichi Ohmori

BLM (Brush Less Motor) is AC non-commutator motor without brush and commutator. Therefore, BLM is easy to perform maintenance. BLM is applied in various fields, such as pumps, fiber machines, extruders, and etc.
On the other hand, S-BL series are required to operate BLM. S-BL series are the composition containing cycloconverter device by thyristor. Electronic parts with a comparatively short life are being used for S-BL series. Furthermore, S-BL series are using the electronic products of the manufacture stop.
Since BLM is durable, it can be used semi-permanently. However, S-BL series can perform neither repair nor exchange. If S-BL series breaks down, it becomes impossible therefore, to also use BLM.
Then, we developed BL64 series used instead of S-BL series. BL64 series are the composition containing inverter device which used IGBT. Vector control is used for BL64. Therefore, BL64 can control BLM at high speed and high accuracy. The usable years of BLM can be extended by development of BL64 series.
In this paper, the operation method and examination result by BL64 series are introduced.

<概要>
BLM(Brush Less Motor)とは交流無整流子電動機であり、当社で昭和43年に開発商品化されたモータである。その名の通り、ブラシや整流子がないことから保守点検が容易であり直流電動機の置き換えとしてポンプ、繊維機械、押出機など様々な分野で適用されている。
BLMは同期電動機に分類され、モータの容量などにより3種類の回転子構造がある。
BLMには位置検出器及び速度検出器として、BLMの回転子の電気角1周期と同じ周期の矩形波で、電気角で120度位相が異なる3つの信号を出力する分配器が標準で装備されている。BLMの適用先によって、速度制御性能向上のためにPG(Pulse generator)をオプションとして装備することもある。
BLMの界磁巻線に電力を供給する界磁制御装置FRUシリーズと、サイリスタによるサイクロコンバータでBLMの電機子巻線に電力を供給するBLM制御装置S-BLシリーズとを用いることで、BLMを可変速運転することができる。
さて、BLMは、先に記載した通り、保守点検が容易なモータであり、故障したとしても修理に必要となる部品入手も比較的容易である。よって、BLMは、定期的な点検やグリース補給、軸受交換等を行っているとほぼ半永久的に使用できる。一方、制御装置は部品の世代交代のサイクルが短く、同じ製品を永く提供することが困難となってきている。従って、設備を更新する際には制御装置とともにBLMも更新が必要となり、例えば他の同期電動機駆動システムに入れ替えなければならなくなる。そこで、BLM制御装置S-BLシリーズの代わりとして、BLMを駆動可能とする、IGBTを用いたインバータ装置であるBL64シリーズを開発した。
 図1にクローポール形BLMを示す。

商用オフセット輪転機のマルチチェンジ
Multi Change for Commercial Offset Rotary Press

小谷 郁雄
Ikuo Kotani

Our company has worked on shaftless control of offset rotary press from early times, and by developing SDS (Super Drive System) which operates high accurate synchronized control, succeed for shaftless drive of news paper offset rotary press in 1998. Moreover, we have developed ADS (Advanced Drive System) in 2003, succeeding to shaftless the commercial offset rotary press to print advertisement, pamphlet and booklet.
This shaftless rotary press by sectional drive which removes main axis and reduce the number of gears and clutches, have many advantages on installation, operability, maintenance and cost. This shaftless technique is applied to inline equipment of pasting, die cutting and pattern perforator to enable free installation and operation.
Recently, not only to sectional drive 1 set of rotary press at commercial offset rotary press, sets of offset rotary presses for various printing matters are installed. Other than driving each of them individually, combining offset rotary presses to answer the printing matter’s needs are done. To answer the needs, our company has worked on developing multi change unit to enable combined operations of sets of offset rotary presses at commercial ADS. Because newly provided to the customers, we will introduce the summary. Also multi change unit is for switching ADS bus which the virtual master of ADS outputs. This instruction is mainly for virtual master of our shaftless system. At first introduces the function of ADS system compared from virtual master at SDS.

<概要>
当社はオフセット輪転機のシャフトレス制御に早くから取り組み、1998年に高精度の同期制御を行うSDSシステム(Super Drive System)の開発を行って新聞オフセット輪転機のシャフトレス駆動を実現した。更に2003年にはADSシステム(Advanced Drive System)の開発を行い、広告、パンフレットや小冊子の印刷を行う商用オフセット輪転機のシャフトレス化を実現した。
この主軸を取り去り歯車やクラッチの使用数を減少させるセクショナルドライブによるシャフトレス輪転機は、設置、操作性、メンテナンスやコストにおいて多くの利点を有する。また、このシャフトレス技術はパターンパーフォレータ、のり付け加工やダイ加工等のインライン装置の駆動にも適用され自由な設置と操作を可能としている。
そして近年、商用オフセット輪転機において1組の輪転機をセクショナルドライブすることのみならず、多種多様な印刷物を生産するために複数組のオフセット輪転機を設置し、それぞれを個別に駆動する他、印刷物のニーズに対応してオフセット輪転機を自在に組み合わせて印刷が行われるようになった。
当社はこのニーズに対応すべく商用のADSシステムにおいて、複数組のオフセット輪転機の組み合わせ運転を自在に実現するマルチチェンジユニットの開発を行い客先に納入したのでその概要を説明する。なお、マルチチェンジユニットはADSのバーチャルマスタが出力するADSバスをスイッチするものである。本解説は当社のシャフトレスシステムにおけるバーチャルマスタを主とし、始めにこのADSバスの機能を、SDSシステムにおけるバーチャルマスタと対比して説明を行う。

※ 第1号~第104号は目次のみの掲載です。


PAGE TOP