技術開発情報

東洋電機技報 第108号

※ 技術論文、開発レポート、製品解説については東洋電機技報本文からの抜粋です。

製品解説

上野モノレール車両用電機品
Electrical Equipment of the Vehicles for Ueno Monorail

森 和俊、野村 英児、海老原 万里、花岡 幸司
Kazutoshi Mori, Eiji Nomura, Masato Ebihara, Koji Hanaoka

The monorail vehicles used for Ueno Monorail Line of Transportation Bureau belong to Tokyo Metropolitan Government this time was transposed to the new model.
As our company supplied main electrical equipment to the vehicles, such as main motors, main control equipments, display of monitoring system, pantographs, and master controllers, the outline will be introduced as follows The central control equipment, traction VVVF inverter unit, static inverter unit for auxiliary powers, etc. are built in the main control equipment. The central control equipment has function such as train monitoring system and control commander system for inverter, data transmission and reception by control transmission with inverter unit, display of monitor at a driver's seat, and at central control equipment of other vehicles, and also it has functions, such as giving a torque command to the traction inverter unit.
The inverter unit and the traction motor were carried out with some arrangement from the general industrial use product of our company, and were introduced as an example which applied the general industrial product to the essential equipment of the railroad vehicles.

<概要>
このたび東京都交通局上野懸垂線(以下上野モノレール)が新形車両に置き換えられた。当社は主要な電機品を納入したのでその概要を紹介する。
1.1 上野モノレールの概要
上野モノレールは1957年日本で最初の懸垂式モノレール実験線として恩賜上野動物園内に開通した全長330mの路線である。実験終了後も園内の輸送機関としての機能を果たしながら子供たちに夢を与え続けてきた。駅は両端(西園、東園)のみで途中駅は無く両駅間を終日往復している。動物園の休園日は営業運転をしないためこの日を検査日としている。また年に1度は一定期間運休をして重要部検査にあてている。なお、検修設備は東園駅にある。
1.2 当社とのかかわり
当社は30形車両製作時に電機子チョッパ方式の制御装置と主電動機、集電装置を納入し、その実績から今回も主要電機品をご採用いただくこととなった。
1.3 車両の概要
車両は初代H型からM形、30形と移り変わり今回、軌道(走行桁)の耐震強化工事などとあわせて新たに40形車両が日本車輌製造株式会社によって製作された。この車両は30形と同様、財団法人日本宝くじ協会の寄贈によるもので、1編成(2両固定)がワンマン運転を行なっている。ホームが2駅とも同じ側にあることから乗降用扉は車両の片側にしか設けられていない。
架線電圧はDC600Vで、VVVFインバータによりかご型誘導電動機を駆動しており、電動機1台に対しゴムタイヤ1台が歯付ベルトで接続され、1両あたり4組(2台車)が搭載されている。回生負荷が無いため減速ブレーキは空気のみである。ほかにバネ式で電磁緩解する駐車ブレーキを有する。図1に車両外観を,図2に車両外形を示す。主な車両諸元を表1に示す。

京福電気鉄道(株)京都鉄道部モボ2001形車両用電機品
Electrical Equipment of Type 2001 Electric Vehicle for the ARASHIYAMA and KITANO Line of Keifuku Electric Railway Company

登山 昭彦、畠山 卓也、大田 一之、山口 邦晴、小野 寛
Akihiko Toyoma, Takuya Hatakeyama, Kazuyuki Ohta, Kuniharu Yamaguchi, Hiroshi Ono

Keifuku Electric Railway Company made a new type 2001 electric vehicle. Keifuku Railway friendly called as "Randen" in Kyoto has two lines named Arashiyama Line and Kitano Line, respectively. The former Arashiyama Line connects Shijou-Ohmiya Station in the downtown of Kyoto City and Arashiyama Station near the northern side of Togetukyou Bridge in the Sagano Field. The latter Kitano Line branched off at Katabiranotsuji Station located on the mid point into the direction to Kintano-Hakubai Station that is famous with Kinkakuji Temple and Kitano-Tenmagu Shrine.
Type 2001 is the first VVVF inverter driven train for Keifuku Railway. This Paper summarizes the VVVF inverters, traction motors, driving gear units, current collectors, and the equipment for driver's cab delivered by Toyo Denki Seizo Company.

<概要>
京福電気鉄道では、京都鉄道部向けとしてモボ2001形車両を新造した。路線は、京都では嵐電(らんでん)の名で親しまれており、京都市内の繁華街である四条大宮駅と嵯峨野を代表する渡月橋北詰めの嵐山駅を結ぶ嵐山本線と、中程に位置する帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅から分岐して金閣寺や北野天満宮近くの北野白梅町駅を結ぶ北野線の2路線がある。沿線は建築、仏像、庭園で有名な神社仏閣をはじめ、太秦(うずまさ)映画村などがあり、一日中何回も乗り降り自由な観光乗車券を利用しての名所旧跡の散策には便利であり、春夏秋冬いずれの季節でも観光客、修学旅行の学生で賑わいがある。嵐山本線の一部に道路との併用区間がある。
モボ2001形車両は、同社にとっては初のVVVFインバータ方式による電車である。
当社はVVVFインバータ装置をはじめ、運転台機器、主電動機、駆動装置、集電装置などの主要電機品を納入したので、その概要を紹介する。

新型東洋ディジタルコントローラμGPCsx
μGPCsx, the Latest Model of Toyo Digital Controller

平井 宏、鈴木 修一、久保 洋記、益田 晃、寶澤 学
Hiroshi Hirai, Shuichi Suzuki, Hiroki Kubo, Akira Masuda, Manabu Houzawa

Now, IGBT (Insulated Gate from Bipolar Transistor) is in use as the power circuit device of static inverter auxiliary power supply (SIV) for the electric railway vehicles. In our company, many products using IGBT have been produced, since first 3-level inverter with high voltage IGBT was developed on 1994. This time, our company supplied SIV to the renewed 8500 series electric train for Yamaguchi Line of Seibu Railway Co.
This paper introduces about 2-level inverter type SIV system of 8500 series electric train.

<概要>
車両用補助電源装置(SIV)の主回路用デバイスとして、現在の主流となっているデバイスはIGBT(絶縁ゲート形バイポーラトランジスタ)である。当社においても1994年に高耐圧のIGBTによる3レベルインバータを開発して以来多くの製品を生み出してきた。
このたび、西武鉄道(株)山口線用8500系車両の更新用SIVとして、高耐圧、大電流のIGBTを使用した2レベルインバータによるSIVを納入したので紹介する。

西武鉄道(株)8500系電車用静止形補助電源装置

山崎 文雄
Fumio Yamazaki

New digital controller μGPCsx was commercialized as the inheritor model of our μ-GPCH. At the development of μGPCsx, the following important development targets was considered.
Concerning the hardware, computing speed is made as two times compared with μ-GPCH, and the occupancy volume is made less than 1/2. Fort the software, the function of the μ-GPC language and the programming tool was inherited, and suited making it develop. The major feature of μGPCsx are as follows.
・Improvement of the speed is attained and the enabled set scanning time from 1 msec.
・The miniaturization was attained and the the I/O module was made into the size of palm.
・Various system assemblies are offered and enabled to correspond up to the large-scale system from the small-scale system.
・The menu expanded to 50 or more kinds of modules is carried out, and is enabled to correspond up to the extensive system application.
・It is enabled to connect with the five or more open networks, such as Ethernet, DeviceNet, and PROFIBUS-DP.
・The programming tool is based on the platform of general-purpose Windows with personal computer, and enabled the remote programming / maintenance via network.

<概要>
当社のディジタルコントローラμ-GPCHは、わかりやすいプログラミング言語と保守機能の充実したプログラミングツールに特長があり、現場向きのプログラマブルコントローラとしてご好評頂いているが、このたびμ-GPCHの後継機種としてμGPCsxを商品化し、当社のシステム製品への適用を開始したのでその概要を紹介する。

※ 第1号~第104号は目次のみの掲載です。


PAGE TOP