東洋電機製造の人と仕事を知る先輩社員の声

【入社】2014年
【専攻】情報科学研究科

産業事業部 開発部
制御器開発課

こんな仕事をしています

私は現在モータ駆動用インバータの開発を担当しており、主にインバータを制御するためのマイコンのソフトウェア開発を手掛けています。機能追加や仕様変更への対応、デバッグが主な内容です。プログラムに関する知識だけでなく、モータ制御や通信など幅広い知識が要求されるやりがいのある仕事です。
大学ではモータや発電機制御、パワーエレクトロニクス分野の研究をしていたため、大学で学んだことを存分に生かすことができています。

仕事をする中で感じたこと(仕事のやりがいや苦労など)

インバータ開発といっても、ハードウェアとソフトウェア、さらにその中にも電源、主回路、モータ制御や通信などいろいろな分野が関係しています。これらのすべてをひとつの部署で開発していて、目の届く範囲に様々なスペシャリストがそろっています。
配属されて間もない頃、私がマイコンの通信のプログラミングで苦戦していたとき、困っていた私に気づいた通信関係を得意とする先輩が助け舟を出してくれ、そのおかげで理解を深めることができ解決することができました。すぐ近くに多くのスペシャリストがいてくれるので、仕事をする上で非常に心強いです。

東洋電機製造を選んだ理由

私が就職活動をする上で軸にしたことは、「モノづくりをする企業であること」、そして「大学で研究してきたパワーエレクトロニクスを生かせる企業」の2つです。その中で当社が魅力的だった点は製造拠点が同じ敷地内にある点です。製造現場がすぐ近くにあることでモノづくりを肌で感じられるという点は自分にとって理想的な環境でした。
また設計、開発においても、現場の人の意見が取り入れやすくなります。社員数がそこまで多くないこともあり、現場の方も含め人間関係を形成しやすいという点も重視しました。

就職活動中の学生へのメッセージ

色々な職種があるとはいえ、会社員にも「向き、不向き」があると個人的には思います。会社勤め以外にも職業はいくらでもあります。今はその中で「自分はどのような仕事をしたいのか」、「どんな仕事が自分に向いているのか」を考える良い機会です。その際は短期的な視点と長期的な視点の双方で見つめなおすことも重要になると思います。せっかくの機会なので10年後、20年後に後悔しないような仕事選びをしましょう。