東洋電機製造の人と仕事を知る先輩社員の声

【入社】2012年
【専攻】外国語学部 中国語専攻

交通事業部
国内営業統括部
電鉄営業部営業2課

こんな仕事をしています

国内鉄道事業者向け車両用電機品の営業を担当しています。 製品の価格見積りや受注後の製造依頼、納期調整等を行います。また、納入後の製品に関する問い合わせや修理依頼への対応を行うなど、お客様との窓口のような仕事だと思います。
都内のお客様を担当しているため、普段の生活の中で自分が関わっている鉄道路線の名称を見たり聞いたりする機会がとても多く、やりがいを感じます。

仕事をする中で感じたこと(仕事のやりがいや苦労など)

自分の扱っている製品を実際に見ることができるのがメーカーの醍醐味だと思います。
1次選考で初めて当社の工場を見学した時、製造ラインに並ぶ製品を見てわくわくしたのを覚えています。入社後も、最初はどの装置に使われる部品なのか、何のための部品なのか全く見分けがつかず、分からなかったことが、工場での実習や現在の業務を通して少しずつわかることが増えてきました。
工場では設計、資材、品質保証、生産管理など、本当に多くの人たちが関わっています。顧客の意向を汲みつつ工場部門と連携をとることがとても大事であり、難しい点だと日々感じます。

東洋電機製造を選んだ理由

大学で中国語を専攻していたため、海外展開に力を入れている企業を探していて当社を知りました。
会社説明会で、当社の製品が実は身近なところにあって、私たちの生活を支えてきた歴史ある会社だと知り、とても魅力を感じました。電気の知識はほとんどありませんでしたが、その後の入社選考で製造現場を見てますます興味がわき、今まで縁のなかった世界に挑戦してみようと思いました。

就職活動中の学生へのメッセージ

私は面接で自分の言いたいことがうまく伝えられなかったり、エントリーシートがうまく書けなかったりと壁にぶつかったことがあります。そんな時は友人に悩みをぶつけ、お互いのエントリーシートを添削し合いました。すると、自分では気づかなかった自分の性格やエピソードを見つけることができました。
なかなか結果が出なくてつらい時期もありましたが、今振り返ると就活のためにしたことで無駄なことはひとつもなかったなと感じます。納得のいく会社と巡り合って下さい!