研修・福利厚生人材育成制度

新入社員の研修概要

社会人および当社社員として必要な基礎的知識などについては、入社後3年で計画的に学習出来るプログラムを組んでいます。

プログラムには
・ 内定後に通信教育(社会人入門・TOEIC受験対策)を受講し、スムースなスタートを迎えられるよう準備します。
・ 入社1年目の研修は、新入社員教育・人材育成計画・フォローアップ研修等を受講します。
・ 会社が指定する公的資格を配属後3年間で取得する公的資格取得支援制度や、語学教育として、TOEIC IP試験も実施しており、そのための受験費および受験対策支援費は会社で負担します。

また、やる気があって専門知識の豊富な社員には、博士号・技術士・MBA・MOT等の取得をサポートするスペシャリスト育成制度もあります。

配属後3年以内に、配属部門と関連性のある他部門への人事ローテーション制度を実施し、幅広い人材能力開発に取り組んでいます。
配属部門と一緒に、新入社員を1日も早く社会で活躍出来る社員に育てます。


研修制度全体の概要

新入社員から経営幹部まで、業務に必要な知識・能力開発のための研修を実施しています。職場単位でのO・J・Tや勉強会等、実務に即した教育研修のほか、資格取得支援や自己啓発等の仕組みもあり、社員の向上意欲をサポートする体制を整えています。