産業事業

高速・高応答・高周波インバータVF66C

PLC型DSP装置μGPCdsP

高速CPU、高速通信の採用と新電流制御方式によりトルク応答周波数1,500Hzを実現した高機能インバータです。

特長・機能

高速トルク応答

トルク指令電流応答波形

トルク指令電流応答波形

新しい電流制御方式を採用し、高速電流演算・ベクトル制御演算出力を達成し、1,500Hz以上のトルク応答を実現しました。

最高出力周波数1,500Hzを達成(特殊仕様対応品)

S-DSDシリーズモータ

S-DSDシリーズモータ

ベクトル制御インバータとして出力周波数1,500Hzを実現、6極のS-DSDシリーズモータと組合せて、最高回転数16,000min-1を達成しました。

複雑な制御システムへの適応

μGPCdsP

μGPCdsP

MATLAB/Simulink*にて設計した制御コードを組み込んだμGPCdsPと高速通信を行うことで、高速・高応答のデジタル同期制御を可能にします。

仕様

制御方式 速度センサ付ベクトル制御
容 量 200Vクラス 30~180kW 最大電流1,020A 400Vクラス 30~1,000kW 最大電流1,840A
電源定格 200~220V 380~460V±10% 50 / 60Hz±5%
出力周波数 0~550Hz(特殊仕様品では1,500Hzまで対応)
過負荷耐量 150% 1分間 200% 3秒間(冷温時 75kW以上は150%max)
ネットワーク Ethernet 100Mbps (局数1:1)
入力信号 アナログ±10V / 4~20mA(2CH) 12ビット1CHは応答速度83μsec 多機能入力6点
出力信号 アナログ±10V(3CH)符号付 12ビット1CHは応答速度83μsec 多機能入力4点

*:MATLAB, および Simulink は米国The MathWorks,Inc. の登録商標です。


PAGE TOP