産業事業

PLC型DSP装置μGPCdsP

PLC型DSP装置μGPCdsP

デジタル信号処理(Digital Signal Processor)をμGPCに搭載した高速コントローラ。MATLAB/Simulink*に対応し、様々なシステムにおいて生産性を向上させます。

特長・機能

高速高精度なモータ制御に対応

μGPCdsPは自動車の計測装置、金属、樹脂ライン、射出成型機など様々なシステムへの適用が可能です。
プロセッサモジュールはモータのフィードバック演算を100μs以内で実行します。高速通信で高応答インバータVF66Cと接続することで、高速・高応答の革新的ドライブシステムが構築できます。

μGPCdsPを適用した自動車計測装置の例

μGPCdsPを適用した自動車計測装置の例

MATLAB/Simulink*との優れた親和性

プロセッサモジュールは、ラダー、データフロー演算とMATLAB/Simulink*で設計した制御ブロックを同時に実行し、生産性を飛躍的に高めます。

MATLAB/Simulinkによる制御ブロック

MATLAB/Simulink*による制御ブロック

デバッグを支援するプログラムレスTDdsP Monitor

MATLAB/Simulink*に対応したプログラムレスTDdsP Monitorを開発しました。TDdsP Monitorはデバッグ作業を簡素化させ、試験時間の低減に貢献します。

DSPのソフトウェア環境

DSPのソフトウェア環境

仕様

名称 SHPC-115-Z
入出力点数 8,192点最大
プログラム容量 1,280kバイト(約2,000ページ)
命令実行時間 シーケンス命令 0.1~0.52μs / 応用命令 0.1~20μs
保護構造 / 冷却方式 制御盤内蔵IP30 / 自然冷却
動作周囲温度 0~55℃
保存温度 -25~85℃
相対湿度 20~95%RH結露しないこと
使用高度 標高2,000m以下

*:MATLAB, および Simulink は米国The MathWorks,Inc. の登録商標です。


PAGE TOP